2010年06月01日

オモウコト

昨日の記事の続きです

動物病院に行ってきました。


ワクチンとフィラリア検査


フィラリアの検査は良いんですが、問題はワクチン。
性質上、高齢の仔はぼちぼち打ちたくないなぁと。

なので率直に先生に相談しました。
先生曰く、対処的には幾つかある

1 7種や8種ではなく5種にする。
  コレだけでもワンコの負担は減るはず。

2 抗体検査をして、十分な抗体がある場合は今年は打たない。
  抗体があれば打たなくても問題は無い。

ほむらの相談からなら、今の選択肢はこの2つ

テリーの体力問題も(最近食欲が落ちてきて、ホントおやつは食べるけどご飯の食べる量が減ってるんですよ)あるので、抗体検査を頼む事にしました。
3歳以上でそれまでちゃんとワクチンを打っていれば、抗体ができているはずなんだそうです。
抗体ができていれば1年から2年、ワクチンを打たなくても大丈夫とのこと。
ただ、検査結果が出るのは1ヶ月後。まだ先です。

血液検査は細かいものまでやってます。
テリーのコレステロール値上がってました(−−;)
でも病気的なと言えるほど高い数値じゃない。正常値ではないけど……
ってグレーな感じは変わらず。処方食に戻すかといわれましたが…
テリー、処方食喰って痩せたんですよねぇ。痩せさせないためには量を上げなきゃいけない。
食事量が減っている今の状況で処方食だけにするのはきついなぁ。
ってことで半々って感じにしようかなと。朝、通常食+おやつ。夜、処方食+おやつ(無い場合もあり)って感じかな。
とりあえず、処方食を注文しとかなきゃ。次は今週日曜あたりに狂犬病の予防接種に行くのでその時に受け取れたら良いなぁ。


20100518074728.jpg

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村



シェルティーレスキューのHPが始動exclamation

いろんな情報満載です。右ここをポチッとして見てね。



こちらも宜しくね

あさひの預かり日記は右こちら

一緒にレスキューされた瑠花ちゃんの預かり日記は右こちら

同じくこむぎちゃんの預かり日記は右こちら

同じくマリーちゃんの預かり日記は右こちら

同じくまるちゃんの預かり日記は右こちら


みんなで幸せになろ〜ぴかぴか(新しい)

ニックネーム ほむら at 01:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ワンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの場合は、何にしてたかな。
あと、2年は大丈夫そうだね。
Posted by katty at 2010年06月01日 09:47
家は土手でのお散歩が多いからって
毎年9種を勧められて打ってるけど
本当に必要なのかな?って思っちゃいます!
やっぱり多いと体に負担がかかるのね。
ネオたんも7歳になった事だし
今年の注射の前には
もう一度改めて色々相談してみようと思います^^
Posted by ネオママ at 2010年06月01日 11:42
>katty様
流石に14歳ですからね、きっと抗体が残っていて今年はワクチン無しでOKになるんじゃないかなと、思ってます。
ウチは今までは7種です。もし打つことになったら、テリーは5種にしてもらうつもりです。
なんせ以前にワクチンでアレルギー出している仔だけに慎重にもなりますよ。

コメントありがとうございます
Posted by ほむら@管理人 at 2010年06月02日 02:01
>ネオママ様
そうですよね。お散歩の環境によって進められるワクチンって違いますよね。
ワクチンって人間でもインフルエンザのワクチンうった後に熱を出す人もいるんですから、ワンちゃんだって負担になるでしょう。
種類が少なければそういう副作用的な部分は少なくなるわけですから。
病気は心配だけど、過剰な医療行為が健康の為になるばかりとは思えないのですよ。
適度が一番なのですよね。長生きして欲しいですからね。

コメントありがとうございます
Posted by ほむら@管理人 at 2010年06月02日 02:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2099642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック